LOG IN

京の夏の旅 旧邸御室で日本の夏にくつろぐ

by Cosmos

今年も暑い夏がやってきた。

そんな夏、京都では「京の夏の旅」と銘打って文化財の特別公開がある。

今回は、「旧邸御室」の特別公開にでかけた。ここは京の夏の旅、初公開とのこと。

旧邸御室(きゅうていおむろ)とは立派な邸宅、つまり民家である。

昭和12年に建てられた昭和を代表する和風建築として、国の登録有形文化財に指定されている。

立派なお屋敷なんだろうな。

旧邸御室には嵐電に乗って行った。京都盆地の北西、仁和寺の近く。

とても風情のある御室駅で降りて、閑静な住宅街を少し歩くと見えてくる。

旧邸御室。

とても立派な門構え。さっそく中に入ってみよう。

木々に囲まれた、数寄屋造りの立派なお宅だ。

では、家の中へと上がらせていただく。

大広間から庭園を眺める。緑がとても鮮やかできれい。

机にも緑が反射して、より鮮やかさが引き立つ。

これって、床に景色が反射する実相院や、同じく机に反射する瑠璃光院を思い出すね。

瑠璃光院は机に敷いた透明なデスクマットに反射するんだけど、こちらは花梨の木から作られ磨き上げられた、立派な机そのものに反射する。

庭園を歩くこともできる。庭が斜面になっており、立体的で見ごたえがある。

一番奥は双ヶ岡という丘になっており、それを借景としている。個人のお宅とは思えないくらい素晴らしい。

庭園に出て振り返る。ここからも立派な建物であることがわかる。

この旧邸御室は、5~6年前まで実際に住んでおられたそう。製材所の創業者の方が住まれていて、現在はその会社が管理され各種イベントなどに使われている。

住宅として文化を守るために管理されているとのこと。創業者の娘さん自ら説明してくださった。なかなか維持が大変とおっしゃっていた。

旧邸御室ウェブサイトによると、イベントを開催するなどの用途で一棟貸しができるとのこと。

庭の斜面を登って見ると、家の向こうに山々が見える。京都郊外ののどかで閑静な場所だ。

登ったところに茶室「双庵」がある。眺めは抜群。

お庭から戻ってきて、お風呂をのぞかせていただく。このお風呂は現代的。

基本は民家なので、やっぱり使い勝手は大切。御影石が使われており、豪華な作りになっていた。

中庭も風情がある。

蔵もあって、中を垣間見ることもできた。いろいろとお宝が眠っていそうで、ちょっとワクワクする。

ここはお家なので居心地がよくて、暑さによる疲れもあって、なんだかまったり。

盛夏にこんな広間でぼんやりと鮮やかな緑を眺めていると、日本の夏を満喫したような気持ちになり、すっかり和んでしまった。

さて、旧邸御室を出て、再び嵐電に乗る。暑くて静かな夏の光景がここにも続いている。

そう、京都の暑い夏はまだまだ続くんだね。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & PENTAX 50-200mm F4-5.6

OTHER SNAPS