LOG IN

五山送り火と嵐山灯篭流しで京の夏が終わってゆく

by Cosmos

お盆、そして盛夏に終わりを告げる、京都・五山送り火。
送り火は、この世に帰ってきた霊、お精霊(しょうらい)さんを送る行事。
今年も、そんな送り火を見てご先祖様を送ろうと思い、嵐山に行ってきた。

毎年、8月16日の送り火の際は嵐山に行っている。上の記事は一昨年のもの。
昨年も行ったんだけど、雨が降ってきたので送り火が始まる前に早々に帰ってきた。

さて、今年はどんな送り火になるのだろうか。
いや、毎年一緒なんだけどね。その同じことを長年繰り返すのが伝統というもので、歴史の重みになってゆくと思うんだ。

五山送り火 鳥居形

五山送り火・鳥居形。
嵐山からはこれが一番よく見える。暗闇に光る灯火が美しく、幻想的だ。
鳥居形は、五山送り火のうちで一番最後に点火され、一番最後に消える。
午後8時20分に点火されると、歓声が漏れる。
送り火に向かって、静かに手を合わせる。

嵐山灯篭流し

五山送り火と合わせて、嵐山では灯篭流しが行われている。
これはお精霊さんを桂川に流して、あの世へお送りする行事。

亡くなった方の戒名などが灯篭に書いてある。お精霊さんは、この灯籠に乗って浄土へ戻ってゆかれる。
現世の人は、それを静かにお送りする。
灯篭が流れるのを見ていると、なんだか引き込まれてゆくようだ。

そして振り返ると夜店が出ており、こちらは賑やかな雰囲気である。

鳥居形と嵐山灯篭流し

嵐山からは鳥居形と灯篭流しが一度に見ることができて、とても霊的な雰囲気に包まれている。
でも、それもつかの間、送り火は30分ほどで消える。
儚い夏の瞬間を目と写真に焼き付ける。

嵐山灯篭流し

鳥居形の灯火が消えた。灯篭流しもそろそろ終わり。
川面に映る提灯と灯篭の光が鮮やかで美しい。

毎年そうだけど、今年も送り火が消えると急に涼しい風が吹いたような気がする。それはきっと、お精霊さんが通り過ぎてゆく風。そして、もう秋がやってきたんだなと感じる風。
まだまだ暑い夏は続くんだけど、お精霊さんが帰るかわりに着実に秋はやってきて、京の季節はまたひとつ歩みを進めてゆく。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & SIGMA 70-300mm F4-5.6

このエントリーをはてなブックマークに追加 LINE it!

Cosmos
OTHER SNAPS