LOG IN

盛夏の京都嵯峨野を散歩

by Cosmos

四季ごとに表情を変える、京都嵯峨野。ここは好きな場所で、季節ごとに散歩している。
今年も真夏に、嵯峨野を散歩した。

渡月橋の夏

嵐山・渡月橋からスタート。
こんもりとした小倉山の上には夏雲が。そして桂川の流れは涼しげ。
散歩と言っても歩くのは暑いので、レンタサイクルで回るよ。

おなじみ、嵯峨野の竹林は濃い緑。
右の写真、落柿舎の上にも夏雲が広がっている。
すっかり日本の夏を味わっていた。

祇王寺

さて、いつも行く祇王寺。
一面の苔がきれいな緑色を見せていた。暑さにも負けず元気なようだ。

祇王寺の一面の緑の中で、もみじや鬼灯(ほおずき)の朱色が目立つ。

祇王寺の吉野窓から見える色も、元気そうな緑だった。
筧から流れる水は涼しげ。いくら涼しげだからといって、ここで顔を洗っている人がいて、びっくり。

夏の祇王寺

雲の間から太陽が顔を出すと、苔に差す木漏れ日が美しく、幻想的に見える。

北嵯峨 田園風景

祇王寺を出て、東へ。
北嵯峨の田園には、今年も案山子が一列に並んでいて、日本の田舎の夏らしい光景になっていた。

あっ、ミニオン案山子。なかなか凝っているね。
通りすがりの地元の高校生が「今年はミニオンだ!」と喜んでいた。
ここの工夫をこらした案山子は、毎年の恒例行事。

広沢池

散歩のゴールの広沢池。
のどかな池で、まったりとする。かなり暑いんだけどね。夏空に百日紅が映える。
ここはいつもはザリガニ釣りをする子供が多いのだけど、あまりの暑さにほとんど人はいない。
そこには、盛夏らしい静けさがあった。

もう少しして初秋になると、この地はまた色を変えてゆく。上の記事のようにちょっと落ち着いた色になってゆく。
季節が過ぎるのは早いものだけど、次の季節も楽しみにしたい。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & PENTAX 50-200mm F4-5.6

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cosmos
OTHER SNAPS