LOG IN

京都洛西にある紅葉の穴場・浄住寺秋の特別公開

by Cosmos

普段見られないお寺やお庭が見られる、京都・秋の特別公開。
今回は、秋の特別公開では初公開となる、洛西にある浄住寺(じょうじゅうじ)の紅葉を訪ねた。
紅葉のトンネルが鮮やかだけど、あまり知られていない京都の紅葉の穴場だという。

浄住寺は、阪急電車嵐山線上桂駅から歩いて15分位の場所にある。
背後には山があり、周りは住宅に囲まれている。
苔寺に近いが、普段はほとんど観光客はいないであろう静かなお寺。

浄住寺の入口。
さっそく紅葉が美しい。ここから本堂までの参道は紅葉が続く。
浄住寺名物の紅葉のトンネルを進んでゆこう。

浄住寺参道 紅葉のトンネル
浄住寺参道 紅葉のトンネル

本堂へ向かう参道。紅葉のトンネル。
上を見れば紅葉が美しく、下を見れば石段の苔に趣がある。鮮やか。
でも、まだ青もみじが残っているのもコントラストがあって良いね。
浄住寺の紅葉は、他よりやや遅めとのこと。

参道を抜け、本堂へ到着。
まずは、御本尊に手を合わせる。紅葉を見に来ているとは言っても、お寺なのでこれは大切。

参道の周りの紅葉は良い具合に色づいて、青空をバックにすると鮮やかなコントラストだ。

本堂の横には、ひっそりとお地蔵さんが。
こういうちょっとした光景も、とても好きだ。

いよいよ、通常は非公開の方丈へ上がらせていただく。

浄住寺 方丈庭園
浄住寺 方丈庭園

方丈庭園。
建物内部は通常は上がれず、この庭園も非公開。
京都市が行っている秋の特別公開の企画では、今回初公開とのこと。

このお庭の何が珍しいかと言うと、浄住寺は禅寺なのに方丈庭園に池があるところ。
禅寺の方丈庭園といえば、枯山水だよね。なのに、ここは池泉式庭園。しかも控えめながら鮮やかな紅葉まである。

なぜこんなふうになっているかというと、この方丈は武家屋敷を移築したものだから、との説明を頂いた。
池のほうが先にできていたらしい。
もともと仙台藩の伊達綱村が幼少期を過ごした屋敷をこの場所に移築し、方丈とした歴史がある。
武家屋敷なので、この写真を撮っている縁側の床の板はうぐいす張りになっており、歩くとギーギー音がする。
ここはお寺じゃなくてお屋敷なのかな?と一瞬勘違いしたりして、とても興味深い。

手水に落ちた紅葉が秋らしい。
手水鉢にむした苔も素晴らしい。

方丈の西から庭を見る
突き当りに見えるのは、位牌堂と開山堂。
ここ浄住寺では、本堂、位牌堂、開山堂、寿塔が一直線に並んでいる。これは禅宗の一派である黄檗宗特有の並びで、希少な事例として重要とのこと。

紅葉が苔の上に散り、それは秋の終わりを告げているようだ。
そして横を見ると、冬を思わせる山茶花が咲いていた。

あっという間に秋も終わり、次の季節に進んでゆくのだね。自分ももたもたせずに、季節とともに進んでゆかなくちゃ。
そんなことをぼんやり思いながら、まだ少しは暖かい秋の日を浴びながら帰路についた。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & PENTAX 50-200mm F4-5.6


Cosmos
OTHER SNAPS