LOG IN

嵯峨野・初夏の常寂光寺の緑と匂い

by Cosmos

一年を通して美しい、京都嵯峨野・常寂光寺。
桜の春が終わると、新緑の初夏がやってくる。ここの緑はとても鮮やか。
今年もそろそろきれいな緑になってきたかな?と思って、初夏の常寂光寺を訪ねてみた。

常寂光寺 山門

嵐山からレンタサイクルで常寂光寺へ。
嵯峨野を回る時は、だいたいいつもレンタサイクル。歩くより移動が早くて車より小回りがきいて、とても便利。
山門から早くもきれいな緑が見えているね。
さあ、山門をくぐって境内に入ろう。

常寂光寺 仁王門

山門を入って進むと、有名な常寂光寺仁王門がそそり立つ。
おお、一面の新緑だ! 緑が元気いっぱいで、鮮やか。

常寂光寺 末吉坂

さらに、仁王門をくぐって右手に進むと、末吉坂。
青もみじの木々と、斜面の苔が素晴らしい。

むした苔があまりにもきれいなので、思わず優しくすりすりと触ってみたりもする。
弾力があって元気な感じが、指先を通して伝わってくる。

新緑に染まっている境内だけど、ところどころに他の色もあって目を楽しませてくれる。
つつじはもう終わりかけかな。

苔や青もみじが呼吸をしていて、早くも夏の香りがする末吉坂。
その香りをもっと嗅ぎたくて、木漏れ日の中を何回も往復したりする。

常寂光寺 多宝塔

多宝塔。
5月らしい穏やかな空の色に、塔がよく映えているね。

常寂光寺 仁王門

本堂から振り返って、下の仁王門を見る。よく観光ガイドに紹介されている構図である。
ここも青もみじと苔の色が鮮やか。

苔の上に、白いつつじの花が落ちていた。
つつじは落ちて、苔が元気にむしてくる。それは、春から夏への季節の交代を告げているよう。
ちょっと早い夏の匂いを胸いっぱいに吸い込んで、苔の元気を少しもらって、この緑に染まる世界を後にした。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & PENTAX 50-200mm F4-5.6

昨年、紅葉前にも訪れているよ。その時のスナップ(記事)はこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cosmos
OTHER SNAPS