LOG IN

東京・六義園の妖しげなしだれ夜桜

by Cosmos

東京・駒込にある六義園(りくぎえん)。
江戸の二大庭園に数えられていたという、都心にありながら広く緑豊かなお庭。
ここのしだれ桜は有名で、夜はライトアップしているというので訪ねてみた。

六義園は、元禄8年(1695年)、五代将軍・徳川綱吉より下屋敷として与えられ た駒込の地に、柳沢吉保自ら設計、指揮し、平坦な武蔵野の一隅に池を掘り、山を築き、7年の歳月をかけて「回遊式築山泉水庭園」を造り上げました。
六義園オフィシャルサイト

六義園の入口。
んんっ? 入口からして桜色というか紫にライトアップされている。
サービス精神旺盛だなぁと思うが、なんだか妖しげで夜の街のオーラが出ているような…。
いや、そんなことあまり気にせずに、しだれ桜へ向かうよ!

六義園 しだれ桜

しだれ桜。おお、なかなか圧巻。
入口から妖しい雰囲気だったので、桜まで妖しく見えてくるよう。
上の方はすでに葉桜。この夜はライトアップの最終日だった。

ちょっとマクロ気味に撮ると、光が当たった花が浮き出てきれい。
葉桜の緑が入るのもまた良い。
実はこの写真、夜でシャッタースピードが遅い上に風が吹いて枝が揺れ、人が多く押されるので撮影はなかなか難しい。

このしだれ加減、好きだなあ。

写真は基本的に人が写り込まないように撮っているけど、実はこの写真のように観光客はとても多い。
これほど混雑しているとは、京都の比じゃないなぁ。やっぱり東京は人が多いね。

六義園は桜だけじゃなく、中央に池があって水が気持ちをなごませてくれる。
中の島の木々がライトアップされていて、池面に映る色も桜同様に幻想的である。

他の桜もライトアップ。
やっぱりサービス精神旺盛で、桜色、緑色、紫とライトアップされていて、妖しさ満点の佇まい。

派手目の色にすっかりあてられて少し酔った感じだけど、これも春の宴の幻のようだと思いつつ庭園を出て、ビルだらけの現実の東京に舞い戻ってきたよ。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cosmos
OTHER SNAPS