LOG IN

嵯峨釈迦堂の河津桜から京都嵯峨野に春が訪れる

by Cosmos

京都嵯峨野にもまた春がやってくる。枯れた色、くすんだ色が鮮やかに変身する。
その変身の前触れを見たくて、嵯峨野にお散歩である。

春の前触れといえば、早咲きの桜。通称嵯峨釈迦堂と言われる清涼寺には、早咲き桜で有名な河津桜がある。この河津桜、関西にはあんまりないらしい。
さて、今年はどんなふうに咲いているだろうか?

嵯峨釈迦堂
嵯峨釈迦堂

嵯峨釈迦堂境内。広々として、気持ちが良い。
青空も見えて、日差しはもうすっかり春。後ろに見える愛宕山の色も少し春めいてきている。
あっ、左横の方に桜が咲いているね!

嵯峨釈迦堂 河津桜
嵯峨釈迦堂 河津桜

嵯峨釈迦堂の河津桜。やっぱり桜はきれいで、心を明るくさせる。
もう早くも葉桜になりかけているね。

嵯峨釈迦堂 多宝塔
嵯峨釈迦堂 多宝塔

桜を前面にした多宝塔がとても美しい。
このアングルは、京都の早春の写真としてよく使われている有名な構図。たしかに画になるなあ。

嵯峨釈迦堂 本堂
嵯峨釈迦堂 本堂

もちろん、本堂にもお参りする。
この本堂には、ご本尊である三国伝来生身釈迦如来像が安置されている。
この釈迦如来像は国宝であり、他にも国宝2点を所蔵する。さすが京都のお寺。なにげに国宝や重要文化財だらけである。

ああ、やっぱり桜はいいよね。条件反射のように幸せ感に満たされる。
これからの季節は冬の間に溜まっていたエネルギーが一気に噴き出す季節。そのエネルギーを間近に感じて、自分も力強く元気に暮らしてゆきたい。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & SIGMA 70-300mm F4-5.6


Cosmos
OTHER SNAPS