LOG IN

京都嵐山・五山送り火と燈篭流し

by Cosmos

今年も8月16日に京都・五山の送り火が行われた。
だいたい毎年嵐山公園から鳥居形を見に行っており今年も行ったのだが、あいにくのひどい雨。
意気揚々と行ったんだけど待っても雨足は強くなるばかりなので、開始40分前くらいに撤収。残念。

ちょっと悔しいので、一昨年の過去記事を再編集し掲載しました。

送り火は、お盆に帰ってきたお精霊(しょうらい)さんをあの世へ送る行事。
無事に戻ってゆかれるようにと、桂川のほとりでお焼香をして願う。
もちろん自分も手を合わせる。

嵐山では送り火に合わせて灯篭流しも行われる。
桂川に灯篭が流される。
まるで灯篭の一つ一つにご先祖様の霊が灯されているようだ。

夜店をのぞきながら、送り火の点火を待つ。
こんな夜店に浴衣もまた、夏の風情。

五山送り火 鳥居形

そしていよいよ送り火に点火。
ここからよく見えるのは鳥居形。
まるで夜空に浮かぶかのように、あざやかな火が灯される。

そして、送り火が消えそうになると、何かが自分の足から頭の方へ抜けてゆく感覚がある。
その感覚は、お精霊さんが自分の体をすり抜けて昇っていくような。

送り火が消える頃には何故かすっかり涼しくなっている。
ああ、これで京の夏は終わりなんだな、と少しさみしく感じる瞬間。
まだまだ暑さは続くのだろうけど、それでも季節はまた少しずつ流れてゆく。

Camera: Canon PowerShot G15

本記事は、別ブログ、こすもすの散歩帳「嵐山・五山の送り火と灯籠流し」を再編集したものです。http://cosm.hatenablog.com/entry/2014/08/16/120000

このエントリーをはてなブックマークに追加


Cosmos
OTHER SNAPS