LOG IN

京都嵯峨野・祇王寺の朱く染まる散り紅葉

by Cosmos

京都嵯峨野の奥にひっそりと佇む祇王寺。個人的には特に好きなお寺。
春夏秋冬、それぞれに景色が大きく違って、何度行っても飽きない。
特に、梅雨の苔が元気な季節と紅葉が素晴らしい。
祇王寺の苔の緑の美しさは、以前記事にしている。

そんな祇王寺なので、ここへ行かずして紅葉の秋は終わらない。
今秋の祇王寺はどんなふうに色づいているだろうか。

祇王寺 草庵と散り紅葉

ただ素晴らしい。
庭園から草庵を見ると、一面の散り紅葉。
ところどころに苔の緑が顔を出す。
この散り紅葉は、なにより祇王寺の名物。

蹲にも落ちたもみじの葉っぱがたくさんあって、色づいている。
夏は涼しげだった蹲の水が今は寒く感じるくらい、季節が進んでしまったようだ。

木の枝にはまだ散っていない紅葉が残っている。
これが無くなると、祇王寺の紅葉は終わり。それは、この秋の終わりでもあるんだ。
ふと立ち止まると、鮮やかさの中に晩秋の寂しさがあった。

落ち葉と苔を少し大きく撮ってみる。
苔はまだまだ元気でしっとりとしていた。
冬になると苔の緑も色褪せるけれど、また来年の春には元気な色を見せてくれるのだろう。

ゆっくりと庭園をもう一周まわり、日の暮れるのが早い祇王寺の朱を目に焼き付ける。
秋は朱、冬は白、春は黄緑、夏は鮮やかな緑と、驚くほどに色を変える苔の庭園。

名残惜しみつつ散り紅葉のお庭をもう一度振り返り、ため息をひとつついて帰路につく。
秋の終わりがすぐ前に見えたような気がした。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cosmos
OTHER SNAPS