LOG IN

京都嵯峨野の穴場・宝筐院の幻想的な紅葉

by Cosmos

観光客であふれかえる紅葉の京都嵯峨野。
その中で、紅葉が美しい割には人出が少ない穴場的なお寺が、ここ宝筐院(ほうきょういん)。
ここにはこの夏にも訪ねている。その時は緑が綺麗だった。

さて、宝筐院の紅葉はどうなっているかな?
上の記事の晩夏の宝筐院と比べてみてほしい。

山門のところから早速少し紅葉が見えるね。
それにしても、この紅葉の盛りの時期なのに、入り口には参拝者が誰もいないのだが。
と、中に入ると……。

おお、うわさ通り鮮やかで美しい!木漏れ日も素敵。
この、石畳の両脇に植えられたもみじの色とりどりがここの名物なんだ。

ここは通り道なんだけど、人が写り込まずに撮れるくらい。
とはいえ、僕が撮っている横にはカメラマンが数人カメラを構えていて、人が通り過ぎた瞬間を狙ってシャッターを押している。

宝筐院 本堂

石畳を歩いた先には宝筐院本堂。
周りは紅葉で囲まれていて素晴らしく、秋の雰囲気が満点。

本堂の中に入ってご本尊にお参りした後、ゆっくりと外の紅葉を見る。
ここも朱、黄、緑で色鮮やか。

真っ朱とオレンジにきれいに色づいていて、お堂の中から見るとまさに額縁の絵のよう。

再度、本堂の外に出て庭園を散策。
もみじの間から緑が透けて、なんだか幻想的な世界になっているような。

もうだいぶ紅葉も進み、散り紅葉になってきているね。
もう日が傾いてきて、一部は影となり、また一部は斜めから紅葉を照らしている。

秋の日は短く、あっという間にもう夕方。
西日が苔の上に落ちた葉っぱを照らして、晩秋の一日の終りを告げている。
また一歩、季節が冬に向かってゆくのを感じて、宝筐院を後にした。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4

このエントリーをはてなブックマークに追加

Cosmos
OTHER SNAPS