LOG IN

嵯峨嵐山・天龍寺に初秋の花を見にゆく

by Cosmos

京都嵯峨嵐山・天龍寺。
世界的に有名で、修学旅行をはじめ京都観光の定番のひとつ。世界遺産でもある。

地元の人間としては有名すぎるところは大混雑なので訪ねるのを避けたくなるけれど、有名なのはそれだけの魅力があるからなので、たまには行くよ。
今回はお花を見るのを中心に、散歩をしてきた。

天龍寺 庫裡
天龍寺 庫裡

参拝入り口。
拝観する人がすごく並んでいる!さすがに大人気寺院である。
自分はここからは入らずに、左横の庭園受付から入って庭園を見る。

天龍寺 曹源池庭園
天龍寺 曹源池庭園

これが、かの有名な曹源池庭園(そうげんちていえん)。
彼岸花が彩りを添えていて、空の雲と合わせて初秋らしい風景になっているね。

後ろの嵐山が借景になっているので、さらに貫禄ある庭園に見えるのもミソ。
池面と、その後ろの少し小高くなった場所の木々、そして山の借景。これら段々の立体的なところがこの庭園の魅力のひとつ。
天龍寺は京都盆地の端だから、山が始まる縁にある地形を生かしているのだね。

これは自分が言っているのではなくて、NHK番組ブラタモリで解説されていたよ。
タモリさんはこの庭園を見ながら言っていた、「縁(へり)がいい」と。その通りだなあ。

彼岸花には蝶々がとまっていたりして、穏やかな時間が流れていた。

雨がよく降ったおかげか、苔が美しい。
キノコも生えている。

清楚な白い花もところどころに見かける。

秋海棠
秋海棠

秋海棠(しゅうかいどう)。
ピンク色の小さくてかわいい花は緑によく映える。フォトジェニックでつい撮ってしまう。

曹源池庭園
曹源池庭園

今年の晩夏から初秋は雨続きで青空が見られなかったので、秋晴れのこんな光景はとても新鮮だった。

これから紅葉の時期はさらにきれいになって、そして今年がまた終わってゆく。
季節が流れてゆくのを感じるね。

PENTAX K-3II with SIGMA 17-70mm F2.8-4 & PENTAX 50-200mm F4-5.6



Cosmos
OTHER SNAPS